医院案内

医療の質と患者さまの快適性の両立を追求

待合室

くらかず眼科待合室

少しでも快適にお待ちいただけるよう待合室は広く設けています。
また、断熱性の高いガラスを使用し快適な空間づくりを目指しています。
院内が密にならないように充分な空間を確保しています。

検査室

屈折検査および視力検査室

屈折検査および視力検査室

この検査室では目にとって基本情報である屈折(メガネの度数にあたる)と視力、眼圧などを検査します。

目に異常があった場合、視力や屈折に影響が出るためこれらの検査結果は診断上もっとも大切な検査と考えており、当院では主に専属の視能訓練士が時間をかけて丁寧に検査を担当いたします。

また、これらの検査結果で異常が認めらたり、異常を訴えられている場合は、今後治療を行う上で重要な判断材料となるため、追加で以下の検査を行いさらに詳しく目の状態を確認させていただきます。

眼底検査室

眼底検査室

眼底を検査することで目の奥の網膜や血管の状態を確認することができ、 黄斑変性や糖尿病の合併症、網膜剥離などの病気の発見が可能となります。

当院の特徴は・無散瞳検査にて網膜の異常を判断することが得意な施設であるということです。今までは、眼底検査といえば、散瞳という瞳孔を薬で開いて観察するのが主流でした。この場合、患者さまは、約半日ほど見えにくくなり運転などもできないため、場合によっては家族の付き添いも必 要になることがありました。

しかし、実はこの散瞳検査より、広角(広い範囲)に見える眼底カメラとOCT(光干渉断層計)を用いる静止画判定をすることで、散瞳検査(一種の動画)より精度の高い診断ができるようになってきています。

当院ではこの方法を用いて糖尿病性網膜症や網膜剥離や飛蚊症の診断をしています。特徴的なのは飛蚊症で、目に見えないくらいの出血も見逃さないで判定ができます。

この5年で飛蚊症を訴えてきた患者さまのうち網膜剥離の見落としはほぼありません。

AIがそのうち診療に持ち込まれると思いますが、AIも静止画で判定するようになっているので、あながち間違ってはいません。ただし、この撮影には、技術に優れた眼科フォトグラファーがいて初めて可能とも言えます。当院ではこのフォトグラファーが撮影を担当しており、精度が高い診断が可能になっています。

OCT(光干渉断層計)による格子状変性の撮影

OCTA(光干渉断層血管撮影)は造影剤を用いないで非侵襲的に血管構造の異常を診断できる検査装置。糖尿病や加齢黄斑変性の治療に効果を発揮します。

広角眼底カメラ「オプトス・カリフォルニア」
オプトス・カリフォルニア

人間ドックなどで使われる眼底カメラが画角45度であるのに対して、オプトスは画角200度 眼底の80%を無散瞳で撮影可能。熟練した技師が目を4方向に振って撮影すると、患者さまの条件が揃えばほぼ全体が撮影可能になります。

視能訓練室・ロービジョン室

視能訓練室・ロービジョン室

この検査室では弱視、斜視、両眼視の検査や訓練を行います。

HOYA:MW10HiKARI新モデル
HOYA:MW10HiKARI

夜盲症の方をサポートする「HOYA:MW10HiKARI」も置いています。
これは暗い場所でも光を増幅させて明るく見ることができる機器です。
当院で体験していただくことができますので夜盲症でお悩みの方はご相談ください。

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

視野検査室

この検査室では視野の状態を検査します。

視野の検査は緑内障の治療に非常に重要で、当院は前院の特徴を引き継ぎながら多くの解析プログラムを用いて精密診断を心掛けています。

診察室

診察室

診察室では患者さまの説明用に4kのディスプレイをはじめ2台のモニターを使用し、できる限り見えやすい環境をご提供いたします。

必要に応じて患部の写真や検査結果を映してそれを基に説明したり術前後の比較などを行います。患者さまご自身でモニターの検査結果を撮影していただいても構いません。

手術室

手術室

手術室は確実な手術を行えるよう充実の機器を導入しています。

また、医師やスタッフがパフォーマンスを最大限に発揮し、患者さまも快適にお過ごしいただくため、輻射式空調システム『コンフォート・コンダクター』(株式会社セントラルユニ)を眼科では日本で初めて稼動させました。

手術の特徴はこちら

見学室

モニタールーム

手術を受けられる患者さまのご家族にも安心して過ごしていただくために手術室の様子を見ることができる見学室を用意しております。

ご希望の際はスタッフに事前にお申し出ください。(現在はコロナ対策にて使用を控えています。再開した際はこちらでご案内いたします。)

リカバリールーム

リカバリールーム

術前術後にご家族とゆったりと過ごしていただけるように3人掛けリクライニング式ソファを8脚、1人掛けを2脚用意しております。現在はコロナ対策にてご家族の方の入室を控えていただいており、1ブースを3人掛けソファーを一人の患者さま専用として使用いただいております。照明にもこだわり、リラックスして頂ける環境を心掛け手術に対する恐怖と術後の緊張の軽減を目指します。

電話する
WEB予約