手術の特徴

安全で確実性の高い「くらかず眼科の目の手術」

くらかず眼科では豊富な手術執刀経験を持つ医師が最新の機器を活用して
「再現性のある安全で確実性の高い手術」を提供します。

安心して手術を受けられる体制

安心して手術を受けられる体制

目の手術は局所麻酔で行うため患者さまの意識がある状態で行われます。
そのため手術に不安を抱えていらっしゃる方が少なくないように感じます。

当院は少しでも安心して手術を受けていただくため、できるだけ痛みと不安を取り除くことを目標にしています。そのため、前室や回復室でリラックスできる環境作りにスタッフ全員で力を入れ、手術を進められる体制を整えています。

デジタルアシストサージェリー

デジタルアシストサージェリー

当院では従来の顕微鏡を使用した手術から一歩進んだデジタルアシストサージェリー(NGENUITY※)を導入しています。

導入によって以下のことが可能になります。

※デジタルアシストサージェリーとは、通常顕微鏡で見ている患部を55型モニターに写して3D画面を見ながら行う手術のことです。

デジタル処理のイメージ

デジタル処理のイメージ

光の量を調節して右の画像のように見えやすく処理することができます。

モニターを手術室にいる全てのスタッフが見ることが可能なため、教育システムとしても有用で、通常大学病院などに導入されるシステムですが、確実性が高い手術の実現と将来の手術の発展に積極的に関与したいという目的から、前院から引き継いで当院でも導入しております。前院でこのシステムを用いていたのは倉員院長でした。現在では、手術の全症例をこのシステムで行っており、このシステムの講演や手術見学も多く依頼されております。

緊急手術にも対応可能

緊急手術にも対応可能

緊急度が高い症例は当日に手術を行います。

疾患や状態によってはできるだけ早期に手術を受けることが望ましいものがあり、手術を受けるタイミングによっては治療後の見え方に差が出てしまいます。

そのため、通常の手術日は木曜日ですが緊急度が高いと判断したものについては木曜日以外の日でも当日に手術を行います。

当院で行っている緊急手術

白内障手術
Zinn小帯の問題のある症例、術中核落下、外傷性白内障(全身状態良好)
硝子体手術
原因不明の硝子体出血、増殖性硝子体網膜症(他院での剥離の再手術)
緑内障手術
急性緑内障発作。
網膜剥離手術
電話する
WEB予約